和歌山の税理士 尾崎敦のブログ

2018年の年末にお客様から頂いた御歳暮

2019年04月09日

ご覧いただいてありがとうございます。

こんにちは。

和歌山の税理士の尾崎です。

 

繁忙期で少し遅くなりましたが、今回は2018年の年末年始に

お客様から頂いていたお歳暮などをご紹介させていただきます。

和歌山市で運送業を営んでいるP様から頂きました。

いつもありがとうございます。

 

和歌山市で検査業を営んでいるD様から頂きました。

いつもありがとうございます。

 


高野町のO様から頂きました。

いつもありがとうございます。

 

御坊で自動車整備業をされているI様から頂きました。

ご丁寧にありがとうございます。

 

高野町のM様から頂きました。

いつもありがとうございます。

 

和歌山市のN様から頂きました。

いつもありがとうございます。

 

年始にK様からお土産を頂きました。

ご丁寧にありがとうございます。

 

年始に和歌山市で建設関連のお仕事をされているY様から頂きました。

いつもありがとうございます。

 

頂いた際にその都度お礼をお伝えしておりますが、

この場でも改めて御礼申し上げます。

誠にありがとうございました。

今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。



専門誌に記事が掲載されました!

2019年04月08日

ご覧いただいてありがとうございます。

こんにちは。

和歌山の税理士の尾崎です。

 

今回はお知らせになります。

専門誌になりますが、(株)中央経済社が発刊している「会計人コース」2019年5月号(4月3日発売)に

私が執筆させていただいた「私の独立開業日誌」という記事が掲載されました!

写真は表紙とタイトル部分になります。

 

「会計人コース」という雑誌は、税理士・会計士・日商簿記検定(1級・2級)の合格を目指す受験生を対象とした月刊誌です。

 ホームページで私のプロフィールをご覧いただいた担当者の方から直接ご依頼を受け、執筆させていただくことになりました。

 

雑誌になりますので文字数に制限はありましたが、できるだけ多くのことをお伝えしようと

税理士を目指したきっかけや、受験勉強時代、独立するまでの経緯だけでなく、

開業当初の失敗談も隠さずに執筆させていただきました。

 

ご興味のおありの方は アマゾンなどの通販でも購入できますし、

私にお問い合わせいただいても構いませんので是非ご覧ください。

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

※当ブログの記事は執筆時の法律に従って書かれています。
法改正等により記載内容との相違がある場合がございます。
あらかじめご了承ください。



実際に対応した無申告の調査

2018年08月31日

ご覧いただいてありがとうございます。

こんにちは。

和歌山の税理士の尾崎です。

 

今回は、実際にあった所得税の無申告の調査についてお伝えします。

※余談ですが、写真は7月に訪問した加太にある温泉旅館のランチです。

 

2年ほど前の5月に、ホームページをご覧になって

お問い合わせをいただいたお客様のケースになります。

 

和歌山市で店舗を構えている個人事業者の方でしたが、

ご相談の内容は、3月になってから確定申告書を提出する 「 前 」 に

契約をしていた税理士から突然解約と言われて、

資料が送り返されてきたので途方にくれているというものでした。

 

その税理士とは直接話をしていないため

どのような事情があったかは私には分かりませんが、

個人事業者の確定申告の期限は3/15になりますので、

ご相談に来られた5月の時点で申告をしていなければ

無申告の状態ということになります。

 

できるだけ早く申告をしたいというご要望でしたので、

その場で確定申告書の作成のご依頼をお受けすることとなりました。

 

すぐに送り返されてきた資料を含め必要な資料をお預かりして、

作業を進めていた5月の下旬ごろ、

突然、ご本人から電話があり、昨日税務署の調査があったと連絡を受けました。

 

話を聞くと、税務署から事前に連絡はなく、調査官は合計4人で

ご自宅に二人、お客様がいる営業中のお店に二人、

同じ時間に突然訪問してきて

その場にある資料を持って帰って行ったそうです。

 

そのお電話の中で調査の対応もご依頼いただいたため、

無申告の件に加えて税務署との交渉の代理も

私の方で行わせていただくことになりました。

 

その後の調査の詳細は割愛しますが、

無申告になっている年度については

税務署との交渉の結果、

私の方で申告書を作成し6月中に提出するという話になったため、

急いで作成し、内容を本人に確認して頂いたうえ、

無事に6月中に申告書を提出することができました。

 

ケースバイケースですが、申告の期限を過ぎてしまった場合、

このケースのようにすぐに税務署の調査が入る可能性もあります。

 

また、このケースとは別に、数年たってから調査が来ることもありますが、

いずれにせよ無申告なのに税務署から連絡がきていない状況というのは

たまたま 「 今は 」 きていないというだけになります。

 

いつか必ず連絡が来て、数年分の税金と罰金を

まとめて支払うように言われることになります。

 

それぞれの事情があると思いますが、

もし無申告になってしまった場合は、

出来るだけ早く対処するようにご注意くださいね。

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

※当ブログの記事は執筆時の法律に従って書かれています。

法改正等により記載内容との相違がある場合がございます。

あらかじめご了承ください。



お客様から頂いた御中元

2018年08月29日

ご覧いただいてありがとうございます。

こんにちは。

和歌山の税理士の尾崎です。

 

今回は、お客様から頂いた御中元で

お伝えできていないものについてご紹介させていただきます。

 

まず上の写真は株式会社P様から頂いた御中元になります。

いつもありがとうございます。

毎日少しずつ飲んでいたつもりですが、

気付いたらすぐになくなっていました。(笑)

 

 

次は株式会社M様から頂いたお中元になります。

いつもありがとうございます。

自宅に持ち帰り家族で美味しく頂きました。

 

 

最後に、公益社団法人R様から頂きました。

いつもありがとうございます。

こちらも自宅に持ち帰り、M様から頂いたそうめんと

おにぎりのセットで頂いております。

 

あらためてこの場でも御礼をお伝えしたいと思います。

いつも本当にありがとうございます。

 

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。



LINEでの受付を始めました!

2018年07月13日

ご覧いただいてありがとうございます。

こんにちは。

和歌山の税理士の尾崎です。

 

皆さんご存知のLINEですが、LINE@という

事業者向けのアカウントを作るサービスもあります。

 

そこでLINE株式会社へ申請をして

当事務所の認証済み公式アカウントを取得しました。

 

希望されるお客様や、初めてお問合せをいただく方の

連絡手段の一つして活用していこうと考えています。

 

尾崎敦税理士事務所のアカウント情報はこちらになります。

よろしければ友達登録お願いしますね。

 

LINE ID:@gda9082f

QRコードでの追加はこちらから

     ↓

スマホの人はこちらをクリックしてくださいね。

   ↓

友だち追加

 

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

※当ブログの記事は執筆時の法律に従って書かれています。

法改正等により記載内容との相違がある場合がございます。

あらかじめご了承ください。



所得税の還付を受ける場合の期限

2018年07月11日

ご覧いただいてありがとうございます。

おはようございます。

和歌山の税理士の尾崎です。

 

先日、お客様であるD株式会社様からお中元をいただきました。

画像は頂いたものになります。

D株式会社様いつもありがとうございます。

あらためてこの場でも御礼を申し上げます。

 

今回は「所得税の還付を受ける場合の期限」についてお伝えします。

 

過去の確定申告で経費が漏れていたなどの理由により、

納税額が過大になっていたというケースの場合、

納めすぎになっている税金の還付を税務署へ請求することができます。
(正式名称は「更正の請求」と言います)

 

ご注意いただきたいのは、この更正の請求は

対象になる年が納付であったか、

還付申告であったかで期限が違うことです。

 

具体的には、当初の申告が

納付であった場合申告期限から5年間が更正の請求の期限となり、

還付であった場合申告書を提出した日から5年間となっています。

 

これだけだと違いが分かりづらいかもしれませんので、

具体的な期日でいうと、

たとえば平成25年分の確定申告の申告期限は

平成26年3月15日になりますが、

平成26年2月21日に申告書を提出していたとします。

 

この場合の当初の平成25年分の確定申告が納付である場合は、

更正の請求の期限は当初の申告期限から5年になる

平成31年3月15日になります。

 

仮に、当初の平成25年分の確定申告が還付であった場合は、

更正の請求の期限は当初の申告書を提出した

平成26年2月21日から5年になる

平成31年2月21日になります。

 

上の例だと、当初の確定申告が還付であった場合は、

納付であった場合と比べて更正の請求の期限が

3週間ほど早い結果となっています。

 

(参考 国税庁HP)

https://www.nta.go.jp/law/joho-zeikaishaku/shotoku/shinkoku/140114/index.htm

 

更正の請求の期限を過ぎてしまうと、

払いすぎている税金は一生戻ってこないことになるので、

当初の申告を確認し期限までに手続きを行うことができるようご注意くださいね。

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

※当ブログの記事は執筆時の法律に従って書かれています。

法改正等により記載内容との相違がある場合がございます。

あらかじめご了承ください。



アクセス

Google Mapを開く

〒641-0012
和歌山県和歌山市紀三井寺534-6 ソフィアファーストビル3階

交通アクセス JR紀三井寺駅徒歩15分
バス停 名草小学校前 目の前
予約 最短で当日の面談が可能です。
営業日・受付時間 365日9時~18時
急ぎの場合は土日祝日や深夜でも対応

今すぐLINEで相談する

スマートフォンの方は下のボタンをタップすると簡単に友だち追加できます。

友だち追加

LINEアプリの友だちタブを開き、画面右上にある友だち追加ボタン→[QRコード]をタップして、コードリーダーでスキャンしてください。

友だち追加

無料お問い合わせフォーム
24時間受付中!

*
*
* ※-を抜いた数字7桁を入力してください
*
*
このホームページをどのようにお知りになられましたか?

該当する項目にチェックをお願いします。(複数回答:可)
友人・知人の紹介Googleの検索エンジンからYahooの検索エンジンからDM・名刺からその他
※その他を選んだ方のみ、ご記入ください。
0734885725