消費税の原則課税と簡易課税

2013年05月14日

ご覧いただきありがとうございます。

こんばんは。

和歌山の税理士の尾崎です。

 

今回は消費税の原則課税と簡易課税について

お伝えしたいと思います。

 

今日お会いした方もそうだったのですが、

原則課税よりも簡易課税の方が絶対に得だと思われている方がいらっしゃいます。

実際のところ、その考えは正しくはありません。

 

簡易課税は売上が一定額以下であるなら

手間のかかる原則的な計算方法でなくて、

簡易な計算方法も認めてあげようという趣旨のもので、

簡易課税の方が税金が安くなるけど認めてあげるというものではありません。

 

よく、新聞等の記事で「簡易課税の益税が・・・」と書かれているので

勘違いされている方が意外と多いように思います。

 
 
実際に簡易課税の方が得になるケースもありますが、
 
原則課税と簡易課税のどちらの方が得かは計算してみないと判断ができません。

 

また、どちらを選択するかの届出は基本的に

事業年度開始より前に出さないといけないので、

予測して判断することになりますから、

税理士に相談してどちらが得になりそうか

判断するようにしてみてくださいね。

 

特に初めて簡易課税を選択する際は、

原則的に2年間は簡易課税で計算しなければならなくなるので、

慎重に検討するよう注意してみてください。

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。



アクセス

Google Mapを開く

〒641-0012
和歌山県和歌山市紀三井寺534-6 ソフィアファーストビル3階

交通アクセス JR紀三井寺駅徒歩15分
バス停 名草小学校前 目の前
予約 最短で当日の面談が可能です。
営業日・受付時間 平日 9時~18時
急ぎの場合は土日祝日や深夜でも対応

今すぐLINEで相談する

スマートフォンの方は下のボタンをタップすると簡単に友だち追加できます。

友だち追加

LINEアプリの友だちタブを開き、画面右上にある友だち追加ボタン→[QRコード]をタップして、コードリーダーでスキャンしてください。

友だち追加

無料お問い合わせフォーム
24時間受付中!

*
*
* ※-を抜いた数字7桁を入力してください
*
*
このホームページをどのようにお知りになられましたか?

該当する項目にチェックをお願いします。(複数回答:可)
友人・知人の紹介Googleの検索エンジンからYahooの検索エンジンからDM・名刺からその他
※その他を選んだ方のみ、ご記入ください。
0734885725