扶養控除の勘違い

2013年05月30日

ご覧いただいてありがとうございます。

こんにちは。

和歌山の税理士の尾崎です。

 

今回は扶養控除に関して誤解されることが多い点について

お伝えしたいと思います。

 

年末調整や確定申告の際に扶養に入るかどうかで

給与の額で年間103万円未満というのは、

ご存知の方も多く気にされることも多いのですが、

その他の点についてはあまり気にされていない方も

多いように思います。

 

その中でよくある勘違いの一つとして、

そもそも扶養になれるかどうかという点について、

同居していないといけないと

思い込んでしまっている方もいらっしゃいます。

特に親や兄弟などの場合はそのように考えるようです。

 

実は扶養に入れるかどうかという点では、

 

同居していることは条件ではなくて、

「生計が一」かどうかが条件になっています。

 

「生計が一」というのには、

何かの事情で同居していなかったとしても、

常に生活費や、学資金、療養費等が

送金されている場合などは該当します。

 

よって、同居していなくても

扶養控除を受けることができるケースはあります。

 

それぞれの状況によって扶養に該当するかどうかの検討は必要になりますが、

もし今まで扶養控除を受けるには同居が必要だと誤解されていて、

扶養にできる方がいるのに扶養控除を受けていなかった場合は

ぜひ一度見直してみてくださいね。

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。



アクセス

Google Mapを開く

〒641-0012
和歌山県和歌山市紀三井寺534-6 ソフィアファーストビル3階

交通アクセス JR紀三井寺駅徒歩15分
バス停 名草小学校前 目の前
予約 最短で当日の面談が可能です。
営業日・受付時間 平日 9時~18時
急ぎの場合は土日祝日や深夜でも対応

今すぐLINEで相談する

スマートフォンの方は下のボタンをタップすると簡単に友だち追加できます。

友だち追加

LINEアプリの友だちタブを開き、画面右上にある友だち追加ボタン→[QRコード]をタップして、コードリーダーでスキャンしてください。

友だち追加

無料お問い合わせフォーム
24時間受付中!

*
*
* ※-を抜いた数字7桁を入力してください
*
*
このホームページをどのようにお知りになられましたか?

該当する項目にチェックをお願いします。(複数回答:可)
友人・知人の紹介Googleの検索エンジンからYahooの検索エンジンからDM・名刺からその他
※その他を選んだ方のみ、ご記入ください。
0734885725