従業員の退職金を積み立てしながら経費にする方法

2013年01月03日

ご覧いただいてありがとうございます。

こんにちは。

和歌山の税理士の尾崎敦です。

 

今回は従業員の退職金を準備するための中小企業退職金共済についてお伝えします。

 

制度としては、法人が毎月掛金を支払うことで

将来従業員が退職した際に、

中小企業退職金共済から直接従業員に退職金が支払われる制度で、

月々の掛金は法人の経費になります。

 

結果として従業員の退職金を前倒しで経費に計上することになりますので、

利益が出ている場合は支払った年度の税金がその分減ることになります。

 

デメリットは節税目的で保険をかける時と同様で

従業員の退職時にお金を支払う場合と比較して、

先にお金が出ていくことになります。

 

会社として退職給与規程があり退職金を支払うことにしている状況で、

毎年利益が出ている会社であれば、

積立の手段としてだけではなく節税策としても有効であるため、

一度検討されてみてはいかがでしょうか。

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。



アクセス

Google Mapを開く

〒641-0012
和歌山県和歌山市紀三井寺534-6 ソフィアファーストビル3階

交通アクセス JR紀三井寺駅徒歩15分
バス停 名草小学校前 目の前
予約 最短で当日の面談が可能です。
営業日・受付時間 平日 9時~18時
急ぎの場合は土日祝日や深夜でも対応

今すぐLINEで相談する

スマートフォンの方は下のボタンをタップすると簡単に友だち追加できます。

友だち追加

LINEアプリの友だちタブを開き、画面右上にある友だち追加ボタン→[QRコード]をタップして、コードリーダーでスキャンしてください。

友だち追加

無料お問い合わせフォーム
24時間受付中!

*
*
* ※-を抜いた数字7桁を入力してください
*
*
このホームページをどのようにお知りになられましたか?

該当する項目にチェックをお願いします。(複数回答:可)
友人・知人の紹介Googleの検索エンジンからYahooの検索エンジンからDM・名刺からその他
※その他を選んだ方のみ、ご記入ください。
0734885725