赤字の会社が意外としていない報酬の削減による節税

2012年09月20日

ご覧いただいてありがとうございます。

こんばんは。

和歌山の税理士の尾崎です。

今回は赤字の会社が意外としていないことについてお伝えします。

会社が赤字である場合に資金繰りの関係で

社長個人が会社にお金を貸すケースは多いと思います。

金額によっては利益が出た時に返済することもできるかもしれませんが、

気がつくとかなりの金額になっているというケースも多くあります。

特に社歴の長い会社でよく見かけます。

さらに、社長が会社にお金を貸している状況で

報酬を昔から変更していない会社もたまにあります。

このような場合は社長の報酬を減らし、

その減らした分を社長が会社に貸しているお金の返済として

支払うことも検討してみてください。

仮に会社から年間1,000万円の報酬をもらっていて、

同時に社長から会社に年間1,000万円貸していた場合、

社長の手元にはお金は残っていないだけではなく

社長個人の税金や社会保険料の分減少することになっています。

極端な話になりますが、

この場合に社長の報酬を0円にすれば

社長個人の税金や社会保険料に加えて

会社負担の社会保険料も減少するため

社長個人と会社の両方にとってお金が残る結果となります。

「何を当たり前の話をしてるのか」

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、

実際にこのような状況の会社を何度も見てきました。

会社への貸付金が何千万円もあるのにその返済を受けずに、

場合によっては追加で貸付を行いながら、

毎年税負担が発生する金額の報酬をもらっている

社長は意外と多くいらっしゃいます。

特に会社への貸付金の総額を把握しておらず、

経理はすべて税理士にまかせっきりで

報酬を減らすように提案も受けていない社長に多いようです。

もちろん返済を受ける目途がある場合や、

報酬をもらう理由が他にあるのであれば話は変わりますが、

特に理由もなく報酬を変えていない場合は、

是非一度検討してみてください。

注意点の一つとして、報酬を0円にしてしまうと

社会保険の対象ではなくなります。

0円ではなく月額5万円といった税負担のない金額で

設定することも検討した方がいいかもしれませんね。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。



アクセス

Google Mapを開く

〒641-0012
和歌山県和歌山市紀三井寺534-6 ソフィアファーストビル3階

交通アクセス JR紀三井寺駅徒歩15分
バス停 名草小学校前 目の前
予約 最短で当日の面談が可能です。
営業日・受付時間 平日 9時~18時
急ぎの場合は土日祝日や深夜でも対応

今すぐLINEで相談する

スマートフォンの方は下のボタンをタップすると簡単に友だち追加できます。

友だち追加

LINEアプリの友だちタブを開き、画面右上にある友だち追加ボタン→[QRコード]をタップして、コードリーダーでスキャンしてください。

友だち追加

無料お問い合わせフォーム
24時間受付中!

*
*
* ※-を抜いた数字7桁を入力してください
*
*
このホームページをどのようにお知りになられましたか?

該当する項目にチェックをお願いします。(複数回答:可)
友人・知人の紹介Googleの検索エンジンからYahooの検索エンジンからDM・名刺からその他
※その他を選んだ方のみ、ご記入ください。
0734885725