税理士の仕事にはどんなものがあるの?

2017年08月18日

 

 

いつもありがとうございます。

 

こんにちは。

和歌山の税理士の尾崎です。

 

今回は「税理士の仕事にはどんなものがあるの?」についてになります。

今まで書いていなかったのですが、

意外とお客様からも聞かれることなので

お伝えさせていただきますね。

 

税理士の仕事として主なものは次の3つになります。

①税務代理

②税務書類の作成

③税務相談

これらは税理士でなければ行ってはいけないと

法律(税理士法)で決められているものになります。

 

それぞれを簡単に説明すると

①の税務代理は

本人の代わりに税務申告を行うことや、

税務署等の調査や処分に対する主張を行うことになります。

 

例えば、会社の申告書

個人事業者等の所得税の確定申告書

相続税や贈与税の申告書・申請書等を

本人に代わって税務署などへ提出したり、

税務署との連絡のやり取りを代理で行ったり、

本人の代わりに税務調査に立ち会い

説明や交渉を行うことになります。

 

②税務書類の作成については、

税務官公署に対する

申告書・申請書・請求書等を作成することです。

例えば、会社の申告書・申請書

個人の確定申告書・年末調整

相続税や贈与税の申告書・その他の

税務署などに提出する書類を作成することですね。

 

また、申告書にあわせて、

決算書・添付書類の作成や

記帳代行(経理データへの入力)も行うケースが多いです。

 

③税務相談はそのままですが、税金に関する相談です。

税金で困ったときや分からない時の相談、

個別の具体的な節税に関する相談等ですね。

 

これらが税理士が行う基本的な仕事になります。

その他にも事務所によっては、

資金繰り・経営に関するアドバイス等も行います。

 

勘違いされている人もよくいるのですが、

社会保険に関する手続きや

登記手続きについても

税理士が代理できると思われていることがあります。

 

税理士でなければできない仕事があるように、

社会保険に関する手続きは社会保険労務士、

登記手続きについては司法書士でなければ

基本的にはできない仕事になります。

 

具体的にどの仕事が

どの専門家でなければできないか

知らないと相談するのも気が引ける

かもしれませんが、

一度経験してみないとよく分からないですよね。

 

少なくとも私が人材派遣の営業をしていた

20代前半の頃は全く分からないどころか

気にしたこともありませんでした(笑)

 

お客様からは割と頻繁に

専門範囲外のご相談をいただくのですが、

誰かに相談したいけど誰に相談したらいいのか

分からないといった場合は、

とりあえず私にご連絡をいただければ

対応できる知り合いの専門家を

紹介するようにしています。

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

 



アクセス

Google Mapを開く

〒641-0012
和歌山県和歌山市紀三井寺534-6 ソフィアファーストビル3階

交通アクセス JR紀三井寺駅徒歩15分
バス停 名草小学校前 目の前
予約 最短で当日の面談が可能です。
営業日・受付時間 365日9時~18時
急ぎの場合は土日祝日や深夜でも対応

無料お問い合わせフォーム
24時間受付中!

*
*
* ※-を抜いた数字7桁を入力してください
*
*
このホームページをどのようにお知りになられましたか?

該当する項目にチェックをお願いします。(複数回答:可)
友人・知人の紹介Googleの検索エンジンからYahooの検索エンジンからDM・名刺からその他
※その他を選んだ方のみ、ご記入ください。
0734885725