印紙代を節約する2つの方法

2012年11月14日

ご覧いただいてありがとうございます。

こんばんは。

和歌山の税理士の尾崎です。

 

今回は印紙代の節約方法について2つお伝えします。

 

①本体価格と消費税の金額を分けて表示する。

②取引別に金額を分けて領収書を発行する。

 

①について、たとえば領収書に「商品販売代金30,450円(内消費税5%)」と記載した場合は200円の印紙を貼る必要があります。

 

同じ取引でも領収書に「商品販売代金29,000円、消費税額等1,450円、合計30,450円」と記載した場合は印紙を貼る必要はありません。

 

記載の方法だけで印紙代を削減できることになります。

また「商品販売代金30,450円(内消費税額1,450円)」と記載しても印紙を貼る必要はありません。

 

②については一連の流れでの取引であれば認められませんが、

別の取引とみなされる場合は領収書を分けることで

印紙代が下がることがあります。

 

たとえば、一つ2万円の商品を二つ販売した場合、領収書に4万円で記載すると印紙代200円が必要です。

 

これを2万円ずつで領収書を2枚作成した場合は印紙を貼る必要はありません。

 

ただ、金額によっては2枚に分けることで余計に印紙が必要になる場合もありますのでご注意下さいね。

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。



アクセス

Google Mapを開く

〒641-0012
和歌山県和歌山市紀三井寺534-6 ソフィアファーストビル3階

交通アクセス JR紀三井寺駅徒歩15分
バス停 名草小学校前 目の前
予約 最短で当日の面談が可能です。
営業日・受付時間 365日9時~18時
急ぎの場合は土日祝日や深夜でも対応

無料お問い合わせフォーム
24時間受付中!

*
*
* ※-を抜いた数字7桁を入力してください
*
*
このホームページをどのようにお知りになられましたか?

該当する項目にチェックをお願いします。(複数回答:可)
友人・知人の紹介Googleの検索エンジンからYahooの検索エンジンからDM・名刺からその他
※その他を選んだ方のみ、ご記入ください。
0734885725